ウコン サプリ

ウコンの素晴らしき健康への効果

 

健康志向である現代人にとって、ウコンはお馴染みの健康食品ですね。ドラッグストアでも気軽に手に入れることが出来ます。ウコンというのは、ショウガの仲間の植物です。インドが原産地であり、ターメリックとも呼ばれています。ポリフェノールであるクルクミンが豊富に含まれています。

 

春ウコンと秋ウコンがあり、漢方薬など健康維持には春ウコンが使われていて、カレーのスパイスには秋ウコンが使われています。ウコンと言えば、よくCMで二日酔いに効果があると言っていますが、それだけではないのです。

 

ウコンには、¥動脈硬化を改善する力もあります。動脈硬化といえば、血管が弾力を失い硬くなってしまうものです。血栓が詰まってしまうと、恐ろしいことになります。狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などを引き起こすのです。

 

血管の弾力は、年齢が上がるにつれて失われていきます。更に、飲酒や喫煙、コレステロールなどの危険因子によっても硬くなります。ウコンが、硬くなっていく血管に良い効果をもたらすのではないかと期待され始めています。

 

ウコンの中にあるクルクミンに注目が集まっています。これには、抗酸化作用がありとても優れた力を発揮してくれます。アテローム性動脈硬化症の予防に役立つのではないかという実験が行われました。その結果、クルクミンは悪玉コレステロールの吸収を抑えて大動脈に蓄積しにくくしてくれるということが分かりました。これは、動脈硬化に効果が期待できるということです。

 

ウコンの適切な摂取量は?

 

健康食品として人気を集めているウコン。体に良いからと言って、たくさん摂取しても良いのでしょうか。摂取すればするだけ効果があるのでしょうか。今回は、ウコンの摂取量について見ていきましょう。

 

ウコンと言えば、飲酒に関する効果が有名ですね。その他にもがん予防などの効果が期待できます。生活習慣病にだって効果があるんですよ。ウコンは漢方薬として、昔から使われてきました。調味料でも有名で、ターメリックという名前で知られているスパイスです。インドカレーにはなくてはならない存在です。たくあんからも摂取することができます。

 

ウコンの有効成分をしっかりと吸収したかったら、ウコンそのものを摂取するのが一番です。ウコンそのものを食べるといっても、ウコンには強い苦みがあります。なので、料理に混ぜるなどしながら工夫が必要となります。主成分であるクルクミンは、油と一緒に摂取すると吸収率がアップするといわれています。それでは、ウコンとクルクミンの摂取量について説明します。

 

「ウコンの摂取量」
美容・健康のための摂取でしたら、分待つ乾燥のものを1日二0.5gから3gが目安です。これくらいの量であれば、副作用の心配をする必要はありません。しかし、過剰摂取を続けてしまうと肝機能障害をひきおこし、消化管にも悪影響が出てしまいます。ウコンを摂取する時には、肝機能障害を持っている人は注意が必要です。医師との相談の上、摂取するようにしましょう。

 

「クルクミンの摂取量」
1日に体重3mg/1kg以下という設定があります。

 

ウコンにアレルギーあるの?

 

現代人には、アレルギーに悩む人が多くいます。アレルギーやアトピーの人が増えてきています。そんな現代人の助けとも言える健康食品がウコンです。ウコンにはクルクミという成分が含まれていますが、これがアレルギー症状を抑制するはたらきをもっているのです。

 

アレルギーというのは、簡単に言えば免疫システムが過剰に反応することです。体内に入って来た病原体を追いだすための免疫が、無害なはずのタンパク質にまで反応してしまうことがあります。これが食物アレルギーと呼ばれるものです。なんの拍子でなるのか分かっていません。食生活の欧米化や、生活環境の変化など、いろいろな説があるものの、はっきりとは分かっていないのです。

 

食物アレルギーの代表的な症状は、じんましんや発熱です。酷い時にはアナフィラキシーショックという深刻な症状も出てしまいます。これは死に至る恐ろしいものです。

 

アレルギー反応にウコンが良い働きをするというのは、どういうことなのでしょうか。免疫システムの働きと関係があります。免疫システムが最初に侵入者を見つけた時に出す物質があるのですが、それが全身に散らばると体全体が反応してしまい、免疫システムがONの状態になります。

 

本当は攻撃しなくても良い相手にまで攻撃をしてしまい、自分で自分の体を傷つけてしまったりします。アナフィラキシーショックにより、死を招くこともあるのです。クルクミンには、侵入者を攻撃するという指令を抑制する働きがあるといわれています。免疫システムが過剰に反応する前に、鎮静化できるのです。

 

ウコンといえば肝臓への効果

 

肝機能の強化やダイエットなど、いろいろな健康面での効果が期待できるウコンは今とても注目を集めています。成人病を予防することにも効果を発揮するので、これからの時代益々人気がアップしていくでしょう。そんなウコンは究極の食材とも言えます。

 

こんなことを聞くと、たくさん摂取すればその分効果を得られると思ってしまう人もいることでしょう。ですが、何事もやり過ぎは良くありません。ウコンに藻副作用があることが報告されています。用量を守って利用しないと、思わぬ落とし穴がありそう。今回は、ウコンの副作用について紹介していきます。

 

「肝機能障害」
肝臓の機能を強化するつもりで摂取したウコンが、肝臓障害を起こしてしまう可能性があります。ウコンには種類があるものの、どれも栄養分は豊富です。ミネラルだってたくさん含まれています。

 

肝臓の障害の種類によっては、鉄分が溜まりやすい状態にあることもあります。そんな時に、ミネラルたっぷりのうこんを摂取してしまうと、どんどん鉄分がたまって症状が合悪くなることもあります。ウコンを飲んだら、肝硬変が悪化して死亡した例もあります。直接的な原因になっているかどうかは分かっていませんが、念のため肝機能に問題がある人葉避けた方が良さそうですね。

 

肝臓に問題がないとしても、ウコンを科所摂取するのは良くありません。クルクミンによって強化された肝臓は、頑張って働きます。その結果肝臓の負担が大きくなり疲労してしまうのです。披露した肝臓は機能が低下してしまいます。

 

肝機能の強化やダイエットなど、いろいろな健康面での効果が期待できるウコンは今とても注目を集めています。成人病を予防することにも効果を発揮するので、これからの時代益々人気がアップしていくでしょう。そんなウコンは究極の食材とも言えます。

 

たくさん摂取すればその分効果を得られると思ってしまう人もいることでしょう。ですが、何事もやり過ぎは良くありません。ウコンに藻副作用があることが報告されています。用量を守って利用しないと、思わぬ落とし穴がありそう。今回は、ウコンの副作用について紹介していきます。

 

「肝機能障害」
肝臓の機能を強化するつもりで摂取したウコンが、肝臓障害を起こしてしまう可能性があります。ウコンには種類があるものの、どれも栄養分は豊富です。ミネラルだってたくさん含まれています。

 

肝臓の障害の種類によっては、鉄分が溜まりやすい状態にあることもあります。そんな時に、ミネラルたっぷりのうこんを摂取してしまうと、どんどん鉄分がたまって症状が合悪くなることもあります。ウコンを飲んだら、肝硬変が悪化して死亡した例もあります。直接的な原因になっているかどうかは分かっていませんが、念のため肝機能に問題がある人葉避けた方が良さそうですね。

 

肝臓に問題がないとしても、ウコンを科所摂取するのは良くありません。クルクミンによって強化された肝臓は、頑張って働きます。その結果肝臓の負担が大きくなり疲労してしまうのです。披露した肝臓は機能が低下してしまいます。

 

ウコンは美肌にも良い!

 

ウコンと言えば二日酔い。健康ドリンクもたくさんの種類が販売されていますね。ウコンにはクルクミンという成分が含まれているのですが、これはポリフェノールの一種であり美肌効果抜群なのです。アンチエイジングの面でも注目を集めているんです。

 

ウコンというのは、ショウガの仲間の植物です。そのため、ショウガによく似た見た目をしています。種類がいくつもあり、春ウコン、秋ウコン、紫ウコン、黒ウコンがあります。この中で、秋ウコンにクルクミンが多く含まれています。ウコンは昔から漢方薬として使われていた他、インドではカレーの材料としてなくてはならないものでした。

 

クルクミンの効果について見ていきましょう。

 

活性酸素を取り除く
体内にある活性酸素を取り除いてくれるはたらきがあります。NF-κB(エヌエフ-カッパービー)が活性化するのをふせぎ、肌の炎症を抑制してくれるのです。

 

シミやシワに効果あり
モルモットを使った実験で、クルクミンには色素沈着を抑える効果があることが確認できました。また、女性にクルクミンを摂取してもらう実験では、肌の水分量が増えたという結果が得られました。

 

肝機能アップ
肝臓の機能をアップさせる働きがあります。そのため、結果的に美肌につながるのです。

 

「使い方」
それでは、クルクミンをどうやって摂取するのが良いのでしょうか。ターメリックの名前で知られているように、スパイスとして料理に使うのが良いでしょう。ご飯を炊くときに混ぜるなどすると、簡単ですね。

 

ウコンのダイエット効果は?

 

ウコンがダイエットに効果的であるといわれています。ウコンと言えば、二日酔いのCMでお馴染みの健康食品ですね。それでは、ウコンとダイエットの関係を見ていきましょう。

 

ウコンには、脂肪を落とす効果があるそうです。TVでも取り上げられ、今ではだれもが知る名前となりました。ウコンは漢方薬でも使われていて、三プリメントに比べて副作用が少ないのが魅力です。安心して気軽に利用出来るところも人気の秘密なのかも知れません。二日酔いや悪酔いに効果的なウコンが、ダイエットに間で効果があるなんてすごいですよね。

 

ウコンにはたくさんの有効成分が含まれています。代表的なものがクルクミン。そして、ミネラル分や精油成分もあります。ウコンの種類によってこれらの比率は違ってきますが、この中でダイエット効果があるのは「精油成分」です。その中のシネオールというものが有効なのです。これは爽やかな香りのする成分で、ユーカリにも含まれています。

 

食品添加物や香料として使われるばかりではなく、余分なコレステロールを減らしてくれる働きもあるのです。アズレンという精油成分もあります。これには、老廃物を出す働きがあります。腸内の宿便も排出できるので、体内を短い期間で綺麗にすることができます。

 

クルクミンという成分には、肝臓の機能を強める働きがあります。それにより胆汁がたくさん分泌されます。すると消化吸収が効率良く行われて、腸のぜん動運動が活発になります。ウコンの植物繊維も手伝って、お通じが良くなるので便秘に悩むことがなくなります。胆汁を作るにはコレステロールが必要なので、コレステロール消費につながるのです。また、脂肪燃焼効果も認められています。

 

更新情報・お知らせ

(2017/03/17)
風邪の引き始めにはウコンが効果的を更新しました
(2017/03/17)
肝脂肪改善にはウコンが効果的を更新しました
(2017/03/17)
種類別ウコンの効果を更新しました
(2017/03/17)
二日酔い対策のためのウコンの上手な活用方法を更新しました
(2017/03/17)
ウコンを飲む際の注意点を更新しました