ウコンで気になるコレステロール値を下げよう!

ウコンというと二日酔い改善や肝臓に良いというイメージがありますが、実はコレステロール値を下げる働きも持っています。現代人にとって気になるコレステロール値をウコンを使って上手にコントロールしましょう。

 

ウコンがコレステロール値を下げてくれる理由

 

ウコンに含まれている成分の一つにクルクミンというものがあります。クルクミンはポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用を持っています。ウコンが肝臓に良い理由はこのクルクミンにあります。クルクミンは肝機能を活性化させる効果があり、アルコールの分解サポートなど二日酔い対策や肝臓脂肪改善などの効果が期待出来ます。

 

このクルクミンは肝臓だけでなく、血液中のコレステロールにも作用します。体内のコレステロールが増えると、血管壁に付着し血液の流れを阻害します。これにより動脈硬化など様々な病気の原因となります。クルクミンは血液中のコレステロールの吸収を抑制し、更に摂取されたコレステロールが体内に溜まるのを抑制してくれ、改善と予防の両方の働きをしてくれるのです。

 

ウコンでコレステロール値をコントロールするには

 

コレステロール値は加齢と共に上昇しやすくなっています。自覚症状がないため、いつの間にかコレステロール値が上がっていたという方も少なくありません。ウコンはコレステロール値を下げる働きがありますが、薬とは違い継続的に摂取することで初めて効果が得られます。普段からウコンを摂取する習慣を身に付けコレステロール値を下げましょう。一番手軽なのがウコンを使ったサプリメントです。クルクミンが豊富に含まれているものを選びましょう。手軽にウコンを摂取出来て飲みやすいので、無理なく継続して摂取することが出来ます。