ウコンを飲む際の注意点

ウコンは高い効果がありますが、飲む際にはいくつかの注意点があります。正しい飲み方を知り、ウコンの持つ健康パワーを安全に手に入れましょう。

 

適量を守る

 

どの成分にも言えることですが、ウコンの摂取は適量を守るようにしましょう。1日の摂取目安は粉末の場合5gとされていますが、商品ごとにより適量は異なります。まずは商品のパッケージを確認し、適量内での摂取を心がけるようにしましょう。

 

肝臓疾患のある方は医師と相談

 

ウコンには幅広い健康効果がありますが、特に肝臓に対して大きな作用があります。このため肝臓に疾患を持っている方がウコンを摂取すると、思わぬ副作用が出る恐れがあります。肝臓に疾患がありウコンの摂取を考えている方は、まず医師に相談するようにしましょう。

 

常備薬がある場合も医師に相談

 

肝臓に強い作用があるウコンですが、その効果は幅広く身体に影響をもたらします。もし病気を持っていて常備薬がある場合、その薬の効果にウコンが何かしらの作用をもたらす可能性があります。肝臓疾患以外であればほとんど心配はありませんが、心配な方は医師に相談するようにしましょう。

 

妊娠中は摂取NG

 

ウコンの持つ精油成分には、子宮を収縮する働きがあります。このため妊娠中に摂取すると早産や流産を引き起こしてしまう可能性があります。また妊娠前後は体調が変化しやすい時期なので、ウコンの摂取は控え、体調が安定してきてから摂取するようにしましょう。